本当に必要?その境界フェンス・・・ - アビリティリッチ

COLUMN

RICHの母コラム

本当に必要?その境界フェンス・・・

本当に必要?その境界フェンス・・・

こんにちは、RICHの母です。
またまた、オミクロン株によるコロナ感染拡大により、まん延等重点措置が取られるように。
日常が取り戻せたかと思ったのもつかの間でした。
社会活動は止めない・・・そんな事は無理でしょう。
飲食店等の時間短縮は現実あるわけですし、義務教育ですらリモートに切り替わっている訳で。
今年こそは「舞台を見に歩きたい」という抱負を持ったのですが、お預けになりそうです。
そこで、以前より大好きな女一人旅を題材にした小説の新刊を購入して、ちょっと気分転換。
行った気になりながらの旅を楽しんでいます。

さて今回は境界フェンスについてお話ししようと思います。
お隣との境界にブロックを2〜3段積んでその上にフェンスを付けるというのが一般的です。
このように境界フェンスは当たり前に見かけるものですが、でもこのフェンス、本当に必要ですか?
何となくで付けていませんか?という問題についてです。
今回は境界フェンスにスポットを当てながら、境界フェンスが本当に必要かどうかについて見ていきたいと思います。

★境界フェンスの役割とは?

境界フェンスの1番の役割は「お互いの敷地境界をハッキリさせる」ということです。
敷地境界にフェンスが有ると、確かにどこまでが誰の敷地か分かりやすくなります。
ただ、境界をハッキリさせるためにフェンスは本当に必要なのでしょうか?
普通は敷地の境界に何も無いということはほとんど無く、敷地境界にはブロックを積んで境界をハッキリさせるのが一般的です。
フェンスがあることで視覚的には境界がより分かりやすくはなりますが、フェンスが必須という訳でもないんです。
実際、フェンス工事はそれほど手間は掛からず売り上げに繋がるので外構業者であればフェンスを勧めますし、境界フェンスを付けている家が多いことから「境界フェンスは何となく付けるもの」と思って境界フェンスを付けていることがほとんどです。

★境界フェンスは本当に必要?

➀フェンスのデザイン性
敷地の境界全てにフェンスを付けるとなるとフェンスの長さも意外と長くなり、フェンスの費用というのもバカにならないんです。
そのため、リーズナブルなフェンスが付けられるケースがかなり多くなってきます。
そうなると、メッシュ状や格子状のフェンスを付けることになり、見た目という点ではイマイチという事になります。
また、敷地境界のブロックがお互いの敷地の真ん中にある場合、通常はフェンスの費用を折半して設置することになります。
このような場合、無難でリーズナブルなフェンスを選ぶことが多く、家の外観と合わなくなる一因ともなっています。

➁フェンスに目隠しの役割を持たす?
境界フェンスの場合、格子状やメッシュ状の物が選ばれることがほとんどで、目隠しとしての役割は期待できません。
境界をハッキリさせることはできても、それ以外の役割はほとんどないんです。
それであれば、ただフェンスを付けるのではなく、必要な部分に目隠しフェンスや塀を設けるというのも効果的な方法となります。
目隠しフェンスを付けるということは、お隣さんとのお互いの視線がカットできるということです。
お互い見えてしまい気まずい思いをすることも無く、あなたの家だけでなくお隣さんにとってもメリットになります。
そのため、ただ敷地全体に境界フェンスを付けるのではなく、必要な場所にしっかりした目隠しを兼ねたフェンスや塀を設ける。
そうすることで、より暮らしやすい家にすることができるんですね。
このように、境界フェンスにメリハリを付けるというのも有効な方法となります。

➂境界フェンスの費用
境界フェンスを付けるということは、その分だけ費用が掛かることです。
安価なフェンスを付けたとしても、敷地全体に付ければ数十万円ほどの費用になってくるんですね。
家全体のコストパフォーマンスにもつながってくる部分なので、境界フェンスは本当に必要なのかどうか。
しっかりと考えることが大切です。

★つまりは・・・

境界フェンスは敷地の境界がハッキリする反面、何となく周りも付けているからフェンスを設置しているというケースを多く見かけます。
たとえば、境界フェンスはすぐに付けなくても実際に生活を始めて必要に感じたならなど、後から何とでもなる部分でもあります。
境界フェンスが必要かどうか迷った場合、様子を見てからフェンスが必要かどうか判断することもできます。
もちろん、境界フェンスが全く必要ないという訳ではなく、本当に必要かどうか見極めた上で、必要なら境界フェンスを付ける。
必要ないなら境界フェンスは無しにする。
この部分をしっかり検討した上で、より納得いく家づくりをしてください。

RICHアビリティは皆様の家づくりを応援します。
お気軽にお声掛けいただき、何なりとご相談ください。
「あなたのいいを、あなたの最高にいたします」

RICHアビリティについてもっと知りたい

イベントに参加したい

モデルハウスを見学したい

RICHの母コラムをもっと見る

スタッフブログを見てみる

YouTubeを見てみる

他のコラムを読む

CONTACT

リッチへのお問い合わせや
ご相談はこちら

TEL.076-254-0471

[受付時間]
10:00〜19:00
[定休日]
水曜日