階段周りが家族との大切な空間に!! - アビリティリッチ

COLUMN

RICHの母コラム

階段周りが家族との大切な空間に!!

階段周りが家族との大切な空間に!!

こんにちはRICHの母です。
三寒四温で春が身近になりましたね。
タイヤ交換も終えて、寒かった冬にお別れです。
金沢の冬支度に、良く知られている兼六園の雪つりと共に、
土塀のこも掛けがありますね。
幼少期は長町の武家屋敷とは近隣の場所に住んでいたため、
冬に通る時の景色としては、なじみ深い物でした。
そもそもこの「こも掛け」は、金沢の雪は水分の多いぼた雪のため、
この水分で土塀の破損や付着した雪による土剥がれを防ぐ目的で、
12月上旬ごろにこも掛けを行い、冬本番を迎えます。
そして3月中旬にこのこもを取る作業が行われ、春を迎えます。
実際長町かいわいのこもが、先日取り外されました。
この昔ながらの習わしで春を感じるのは、風情があっていいですね。

さて今回は、スキップフロアーなどの階段や2階ホールの使い方を工夫して
家族とのコミュニケーションの取り方を考えてみたいと思います。

★階段周りのアレンジ術

階段をただ上り下りするスペースだと思っていませんか?
1階と2階をつなぐ小さなスペースですが、
階段やホール空間にちょっと遊び心を取り入れれば、
住まう人の個性があふれる、居心地の良い場所へと大変身します。
踊り場スペースを広めにとって、好きな雑貨や絵画をディスプレイしたり、
椅子やデスクを並べたりと、いろいろなアレンジが楽しめます。

★趣味スペースに活用

階段の途中に少し広めのフリースペースをとり
造作のテーブルを備えつけ、趣味スペースを設けた間取り。
個室に入るまでの通路を少し広めに確保することで、
「一部屋」のようなプライベート空間ができます。
1階のリビングから動線がつながっているので、
パソコンで集中して作業したいときや、楽器を弾きながら寛ぎたいときにも、
家族の気配を感じられるのも嬉しいですね。
ちょっとしたワークスペースや、
お子さまの勉強スペースとしても活用できそうです。
開放的な空間でありながら、一人の時間を楽しめるのも、
個室とは違った魅力といえますね。

★自分だけのギャラリーに

階段を上りきったところにお気に入りの照明や絵を飾れるスペースを用意して、
壁側にはニッチを取り入れて「見せる収納」なんていかがですか。
階段を通るたびに、お気に入りの物たちに癒されることでしょう。
季節に合わせてお花や植物で模様替えしたり、お子さまの絵や作品を飾ったりと、
アイデア次第でさまざまな空間にデザインできます。
ちょっとした収納にも使えるので、
2階でよく使う掃除グッズや生活用品を入れておくのも便利ですね。

★家族の個性で多目的な空間に

階段の踊り場から、スキップフロアにつながった間取り。
上り下りする生活動線にありながらも、ゆっくり寛げるチェアを置いたり、
植物を飾ったりと、家族が自由に使える空間になります。
スキップフロアからは、1階と2階にいる家族の気配を感じられて、
外の景色を眺められる窓を設計。
ほどよく光が差し込む穏やかな空間で、
リビングとはまた違った一人の時間を過ごすことができます。
ちょっとした調べものをしたり、読書や音楽を聴いたりと、
思い思いの時間を過ごしたくなりますね。

★2階ホールを開放的な空間に

家の中から外の景色を眺められる。
階段を上った2階ホールにゆとりのある空間を確保してはいかがですか。
景色の眺めがよい立地を生かして、ホールから覗ける大きな窓を設計。
広く取ったホールにはハンモックを置いて、
自然の景色をゆったり眺めて寛げる、格別な空間なんて素敵ですよね。
1階から吹き抜けでつながる開放的なホール、
大きな窓から覗く壮大な景色、たっぷりと光が入る暖かみのあるスペース。
ついつい長居してしまうほど居心地がよさそうですね。

★ファミリーライブラリーに

階段を上った2階ホールに、造りつけの本棚を設置。
2階の個室につながる動線となるホールに本棚を設けることで、
家族が気軽に立ち寄れるファミリーライブラリーとして活用できます。
家族が持つ本や雑誌を一か所にまとめることで、
親も子どももいろいろな本を共有できて、
新しい発見が生まれたり、知らなかった分野に興味を持ったりと、
本を通じて家族とのコミュニケーションがはかれます。

このように、階段周りはただの通路ではなく、家族のつながりを深めて、
豊かな暮らしをするためにも大切な場所となります。

階段というちょっとした空間ですが、広さや造作の工夫次第で、
収納やプライベート空間、家族がつながる場所として活用できます。

階段途中のフリースペースを“ひと部屋”として活用したり、
好きな雑貨や絵を飾るスペースにしたりと、
自分たちの暮らしに合ったスタイルをイメージしてみましょう。
リビングやダイニングだけでなく、階段にもひと工夫取り入れることで、
ぐんと暮らしが豊かになります。

RICHアビリティでは、ご家族さまの暮らし方に合った
階段づくりのアイデアをご提案いたします。
個室用のスペースが足りない場合でも、
2階ホールやフリースペースに造作のテーブルを備え付ければ
家族が自由に使える作業スペースとして活用することもできます。
また、2階ホールを広めに設計して、吹き抜けを設けたり、窓やチェアを用意すれば
個室へとつながるだけの空間がたちまち寛ぎスペースに変わります。

RICHアビリティについてもっと知りたい

イベントに参加したい

モデルハウスを見学したい

RICHの母コラムをもっと見る

スタッフブログを見てみる

YouTubeを見てみる

他のコラムを読む

CONTACT

リッチへのお問い合わせや
ご相談はこちら

TEL.076-254-0471

[受付時間]
10:00〜19:00
[定休日]
水曜日