あなたはIH派?それともガスコンロ派? - アビリティリッチ

COLUMN

RICHの母コラム

あなたはIH派?それともガスコンロ派?

あなたはIH派?それともガスコンロ派?

こんにちは、RICHの母です。
いよいよ10月に入りましたね。
本来なら秋の大運動会などが盛んな時季ですが、今年はどうなんでしょうかね。
RICHアビリティ的にはイベントが盛り沢山の1カ月になります。
春にも参加しました「家づくりナビフェスタ」の秋バージョンにも参加。
⇓⇓⇓
家づくりナビフェスタに参加してみる
また、予約制完成見学会もあります。
新しい出会いのきっかけになりそうで、今からワクワクしています。

お待ちしています

さて、今回は「IHクッキングヒーターとガスコンロ」とっちがいい問題です。
最近の新築では北陸電力の電気代が安いとの理由から、オール電化に駆る方が増えており、ここ石川では新築は「IHクッキングヒーター」が断然多くなっています。
しかし・・・本当にいいの?との疑問はぬぐい切れないと思いますので、今回はあえてメリットやデメリットを考えながら比較検討したいと思います。

★IHクッキングヒーターの仕組みと特徴

IHクッキングヒーターは、磁力線の働きにより鍋底自体を加熱する仕組みになっています。火が出ないために安全性も高いと考えられます。
さらに、安定した加熱管理制御が容易に行えるため、素材を均一に加熱する料理やスープなどの液体の加熱に適しています。
調理後にはプレートを拭くだけで手入れが可能なので、掃除が楽な点が利用者に喜ばれています。

このような特徴のため、IHクッキングヒーターの使用に際してはいくつかの制限もあります。
まず、磁力線が鍋底を直接加熱するため、使用できる鍋やフライパンの素材は鉄やステンレス製などIH対応素材でなければならず、大きさも電磁調理器のサイズに合う12~26センチ程度、形状も底が平らである必要があります。
つまり、中華鍋のような形状のものは使用ができません。

また、素材を均一に加熱できる反面、表面だけを焼く、炙るということができないので、焦げ目をつける料理や直火を使用する料理には不向きと言えます。
また、炒め物などの強い火力で一気に仕上げるような高温調理も不得手とされています。

火を使わないので安全という特徴がありますが、調理後は天板が熱くなりますので、そのまま触ってしまうと火傷の危険があります。
加えて、火傷するほど熱いのかどうか見た目からは分からないという短所もあります。

このようにIHクッキングヒーターにも長所・短所があります。

★ガスコンロの仕組みと特徴

ガスコンロは文字通り、ガスで火を起こす(着火する)ことで加熱します。
調理においてガスは煮炊きから強火が適した炒め物などの料理、素材の部分的加熱まで、臨機応変に使えます。

火を使わなくていいという安全面(火の消し忘れを防げるなど)から高齢者にはIHの方が安心と言われる一方で、慣れたガスコンロの方が使いやすいという意見もあるようです。

火を使用しているため、火災の原因になる可能性はあり、稀とはいえガス漏れ事故のリスクもあります。
また、調理することで室温が上昇するため、特に夏場には不向きな場合もあります。
また、調理台がIHクッキングヒーターのように完全に平らでないため、IHクッキングヒーターに比べて手入れが面倒という見方もあります。
ただし、最近はフラット型のガスコンロも増えています。

IHクッキングヒーターに比べて、ガスコンロは「危険性」という特徴が強調されますが、子供の教育のため、「火」の出るガスコンロをあえて選ぶというケースも多いようです。

★コストから比較

続いてコスト面からIHクッキングヒーターとガスコンロを比較してみましょう。
まず、導入コストに関しては、もちろん選ぶ機種によってコストはかなり異なってきます。ガスコンロの方が割安です。

ランニングコスト面からみると、IHクッキングヒーターにする場合は、オール電化になる事が多いです。
オール電化にすると家庭のエネルギーをすべて電気でまかなうことになりますから、電気基本料金があがりますが、ガスを解約しますので、ガスの基本料金はなくなりますので、光熱費としてみた場合は安くなることが多いです。
勿論、電気代の高い時間帯に調理することが多い場合は、IHクッキングヒーターで調理することで電気代があがることも考えられます。

一方、ガスコンロの場合も同様で、都市ガスもあれば、割高のプロパンガス供給地区もあり、頻繁に調理をする場合などは、ガスコンロにかかるガス代は無視できないと言えます。

結論、一概にどちらがランニングコストがかかるのかは比較が難しいところです。
ランニングコストに関しては、どちらかの優位性がずば抜けて高いということはなく、決定的な差はないといえます。

★どっちを選べばいいの?

IHクッキングヒーターとガスコンロ、どちらを選ぶべき?という問いは、最終的には生活スタイル、家族の構成メンバーなど各世帯の事情によって決まってくると言えます。
もちろん、得意料理やよくする料理にも大いに関係があります。

【IHクッキングヒーター派】

・オール電化住宅にしたいと思っている
・安全を最優先したい
・キッチンの美観を重視している
・住んでいる地域がプロパンガス供給地区である
・調理時間のプログラミングなど便利な機能を使って調理がしたい

【ガスコンロ派】

・中華鍋を使った炒め物などを良くする
・フライパンを煽って調理をしたい
・使い慣れた機器で調理がしたい
・電磁波の影響が心配
・直火がどうしても必要

選んだ方々のそれぞれの意見としては上記のようなことがあげられます。
IHクッキングヒーターもガスコンロもそれぞれの長所と短所があります。
それぞれのライフスタイルに合わせて選びましょう。

RICHアビリティでは、お客様それぞれのライフスタイルを考えて、ベストなご提案をいたします。お気軽にご相談ください。

RICHアビリティについてもっと知りたい

イベントに参加したい

モデルハウスを見学したい

RICHの母コラムをもっと見る

スタッフブログを見てみる

YouTubeを見てみる

他のコラムを読む

CONTACT

リッチへのお問い合わせや
ご相談はこちら

TEL.076-254-0471

[受付時間]
10:00〜17:30
[定休日]
水曜日