COLUMN

RICHの母コラム

どこまで必要?地震に強い家。

どこまで必要?地震に強い家。

こんにちは、RICHの母です。
GW明けの最初の週末、何となく初夏の香りが・・・

さて、この週末はGWでの家族会議を沢山されて、
話題豊富な打合せの予定のアビリティギャラリー。
そんな中での話題を一つ取り上げて、今日はお話します。

話題の泡がもこもこビール。探し求めて飲みました。

テレビを見ていると「緊急速報」で流れるのが、
かなりの頻度で地震速報。
やはり、10年前の東日本大震災やそれ以前の阪神・淡路大震災が
日本人としては忘れられない記憶となっています。

そんな地震大国の日本でマイホームを建てるとしてたら・・・
やはり地震に強い家を建てたいと思うのはもっともな事。
でも、
耐震性能って何を基準に検討すればいいの?って話。

【耐震性能の基準となるのは?】

地震が起こった時、建物がどれくらい耐えられるのか?
その基準の一つに「耐震等級」があります。
国の法律に基づく指標という事で、
耐震等級で住宅の耐震性能を表しています。

耐震等級1 建築基準法の耐震性能を満たす水準
数百年に一度程度の地震(震度6強から7程度)に対しても倒壊や崩壊しない
数十年に一度発生する地震(震度5程度)には住宅が損傷しない程度

耐震等級2
耐震等級1の1.25倍の地震に耐えられる性能・耐震強度の水準
「長期優良住宅」では、耐震等級2以上が認定条件
災害時の避難場所として指定される学校などの公共施設は、耐震等級2以上の強度をもつことが必須

耐震等級3
耐震等級1.5倍の地震力のに耐えられるだけの性能・耐震強度水準
住宅性能表示制度で定められた耐震性の中でも高いレベル
一度大きな地震を受けてもダメージが少ないため、地震後も住み続けられ大きな余震が来ても安全
災害時の救護活動・災害復興の拠点となる消防署・警察署などが該当

【耐震等級2、3の家を建てるには】

・壁を強化・・・筋交いを入れる、構造用合板や体力面材を使用す  る
・床と屋根を強化・・・床に構造用合板を張る。軽い屋根材を使い、揺れにくくする
・柱と梁の接合部を強化・・・接合金物を取り付ける
・基礎を強化・・・べた基礎で、コンクリートを厚くする
・梁の強化・・・集成材など強度の高い材料を使う。金物工法によって木材の加工を減らす

※壁を増やしたりすれば、当然、プランやデザインに制限が出てきますし、コストも上がります。

【耐震等級は誰が決める?】

法律上は等級1、すなわち建築基準法を守ればよく、等級2、3は任意の基準。
注文住宅の場合は、家を建てる方の希望に応じてくれます。
(メーカーや工務店が自社基準で決めていることも多いです)

【耐震基準のポイント】

➀建物は軽い方が耐震性がある
➁耐震の諦である耐力壁の量は、多い方が耐震性がある
➂耐力壁や耐震金物は、バランスよく配置されていなければいけない
➃床の耐震性能(水平構面)についてもしっかり検討する

ここまで、耐震等級についてお話してきましたが、
耐震等級だけではなく、耐震性能を比較するうえで大事なことがまだあります。

【偏心率の重要性】

今までの話で、建物の耐力壁の壁量が関係しているのはわかっていただけたかと。
ところが、建物の地震の強さには、壁量だけではなく、
耐力壁をバランスよく配置することも重要なんです。

どんなに強い壁で家を建てても、壁が片側に偏っていたら、グラグラで安定せず倒壊しやすい。
何となく想像していただけたでしょうか?

この耐力壁がバランスよく配置されているか?を判断するのに「偏心率」が用いられます。

偏心率は・・・
建物の重さの中心である「重心」と、
建物の強さの中心である「剛心」の距離によって、
地震時の建物の揺れにくさを示します。

重心と剛心の距離が近い(=偏心率が小さい)ほど、建物は揺れにくくなります。

耐力壁の壁量が十分であるか?判断する「耐震等級」
耐力壁がバランスよく配置されているか?判断する「偏心率」
これらが、住宅の耐震性能を比較するうえで、覚えておくと便利になります。

RICHアビリテイでは、耐力面材のダイライトを標準仕様として、
火災と地震に強い家づくりを行っておりますので、ご安心ください。

 

RICHアビリティについてもっと知りたい

イベントに参加したい

モデルハウスを見学したい

RICHの母コラムをもっと見る

スタッフブログを見てみる

YouTubeを見てみる

 

他のコラムを読む

CONTACT

リッチへのお問い合わせや
ご相談はこちら

TEL.076-254-0471

[受付時間]
10:00〜19:00
[定休日]
水曜日